ホーム ][ 組織図・役員 ][ 規  約 ][ 運営細則 ][ 要  項 ][ 申し合わせ事項 ][ 加盟チーム・リンク
            シニアリーグユニフォーム規定 

 1.ユニフオームは、シャツ・ショーツ・ストッキングの3点を言う。
 2.チームは、統一された正・副の異なる色のユニフオーム2種を登録し、試合会場に必ず持参すること。
   但し、色彩は通常使用する審判服の黒色と明確に判別できるものとする。
   (注1:シャツ・ショーツ・ストッキングが、黒色・濃紺色等審判副と紛らわしい色彩は認めない)
   (注2:ショーツの番号及びラインの有や無は認めない)
   (注3:ストッキングの「ラインの有無」と、「脛当て止めテーピング及びアンクルサポーターの同色」
       以外は認めない。
   (注4:GKのストッキングの黒色は認めないが、ユニフオーム・ショーツの黒系色は避けるよう努力すること。
   (注5:70雀のシルバー色・ゴールド色のショーツ着用は特例として、認める。
 3.対戦チームのユニフオームが同系色の場合、両チーム立会のもと主審が使用するユニフオームを決める。
 4.年度当初に登録された背番号は、年度途中での変更は認めない。
   但し、「選手登録変更」で削除された同一背番号を、新規追加登録選手への使用は認める。
 5.登録された背番号のシャツが無い当該選手の出場は認めない。
   但し、同一番号の「ゼッケン」を縫い付け固定した場合は認めるが、応急処置としてテープ等で張り付け
   処置での出場は認めない。
 6.ユニフオーム・背番号の不備により、選手数が8名に満たない場合は、当該チームの不戦敗とする。
 7.フイールドプレーヤーが、急遽ゴールキーパーを行う場合に限り「登録背番号」を厳守せず、代行
   代行ユニフオームの着用を認める。
 8.アンダーシャツ着用の場合は、チームで統一した色彩のシャツとする。
 9.アンダーショーツ(タイツを含む)の着用は認める。
10.ベンチ内の交代要員選手は、自チームのユニフォーム色と異なる色のビブスを着用する。


   (付  則)この規定は、平成20年4月1日より施行する。
                 平成22年4月1日より一部改正する。
                 平成23年4月1日より一部改正する。
                 平成24年4月1日より一部改正する。
                 平成27年4月1日より一部改正する。

       神奈川シニアサッカーリーグの下記規定による。
       神奈川シニアサッカーリーグ運営細則
       神奈川シニアサッカーリーグ戦要項
       神奈川県議長杯・トーナメント大会要項
       丸尾杯・神奈川シニアリーグ選手権大会要項
       神奈川シニアサッカーリーグ申し合わせ事項

 【参 考】 
   (日本サッカー協会競技規則抜粋〜P18)
   第4条 競技者の用具〜色(ユニフオーム色彩の表示)
     ●両チームは、お互いに、また主審や副審と区別できる服装を着用しなければならない。
     ●それぞれのゴールキーパーは、他の競技者、主審、副審と区別のつく色の服装を
      着用しなければならない。

                ホーム