ホーム ][ 組織図・役員 ][ 規  約 ][ 運営細則 ][ 要  項 ][ 申し合わせ事項 ][ 加盟チーム・リンク
       神奈川シニアサッカーリーグ申し合わせ事項                          Doc


1 参加上の注意

        (1)  チームは、統一された正・副の異なる色のユニフォーム2種を必ず携行すること。

        (2)  ユニフォーム色が紛らわしく判断しにくい場合は、両チーム立会いのもと主審が決定する。

        (3)  登録された背番号のユニフォームが無い場合は、該当選手の出場を認めない。

         但し,予め準備された登録背番号のゼッケンを着けた(固定された)場合は、出場を認める。

         ※ テープ等による補足(応急)的なものは、出場を認めない。

2 背番号の扱い

        (1)  年度当初に登録された背番号の変更は認めない。 

        (2) 「選手登録変更届」で削除された、同一背番号を新規追加登録選手への使用は認める。

3 リーグ戦及びトーナメント大会・シニア選手権大会におけるメンバー表

(1) 本部承認の日付・承認印がなされているものに限る。 追加登録選手名が手書きのものは認めない。

(2) 前()項の違反事例が発生した場合は、棄権試合扱いとする。

(3) 試合開始時のメンバー表記入要領は、先発メンバーに○印・後発メンバーに△印を記して提出。

   ※ メンバー表提出後に追加等の変更は、試合開始前の用具チェックまでとする。

(4) 先発及び後発の無印選手の出場は認めず、発覚した場合は不正行為とみなす。

(5) 代表者等チーム役員不在でも、メンバー表を予めコピーし提出可能な処置をとること。

4 試合出場停止選手の扱い

(1) 出場停止選手該当チームは、対戦相手及び担当審判員に出場停止処理を申し出て確認を得る。

(2) 出場停止処理の確認を得た出場停止通知書は、FAXまたは郵送にて本部に連絡通報すること。

(3) 担当審判員は、試合出場停止処理事項を「試合結果記録表の試合出場停止処置事項欄」に記載する。

(4) 警告累積2回を受けた選手は、次の1試合出場を停止する。

即退場処置を受けた選手は、次の1試合出場を停止し規律委員会において、退場処置内容を審査して

       更なる試合出場停止等を審議決定する。

(5) 出場停止処置後更に警告処置を受けた選手は、1回の警告でも次の試合出場を停止する。

(6) 出場停止処置遅延の場合は、試合出場停止数を更に1試合付加する。

5 試合結果報告

(1) 第1試合審判担当チームは、「試合結果記録表」を準備し次試合に順次申し送る。

(2) 最終試合審判担当チームは、その日の全試合結果を「試合結果記録表」の左下部に示す「★FAX・

連絡先」①~④へFAXまたは電子メールにて速やかに連絡通報する。
   
(3) 傷病者が発生した場合、雷雨・雨天時の処理など本部への連絡事項がある場合は、「試合結果記録表」に
      その旨記載する。

(4) 警告・退場選手が発生の場合、氏名を確認し処分該当記号を「試合結果記録表」に記載する。

(5) 会場地域協会より審判員派遣が合った場合は、その試合の審判を割り当てられていたチームが報告書

       の作成及び連絡・通報を行う。
    (6) 「試合結果記録表」とメンバー表の原紙は最終審判担当チームが後日、各部担当競技委員に郵送するか

       手渡しし、最終的に競技委員は競技理事に手渡す。

6 審判担当

神奈川シニアサッカーリーグ主催の試合審判を割り当てされた場合は、日本サッカー協会公認審判員および

神奈川シニアサッカーリーグ認定の審判員が主審・副審・第4審を担当する。

7 棄権行為(日程変更)等の処置

(1) 日程変更が発生する場合は、該当リーグ担当競技委員及び対戦相手・審判担当チーム並びにグランド担

(提供)チームに10日前までに連絡通報すること。
    (2) リーグ戦及びトーナメント大会問わず棄権行為が発生した場合、反則金として6,000円納付のこと。

(3) 棄権行為発とは、人数等による試合不成立・試合日程決定後9日以降試合直前の変更及び日程変更後試

  合期日の設定不履行の場合。

(4) 棄権行為発生後直ちにその理由書を、競技理事・リーグ担当競技委員に提出すること。

(5)  棄権行為の処置については、規律委員会で審議し該当チームに審議内容を伝達する。

(6) リーグ日程変更による試合消化は11月末日までに行い、未消化の場合棄権行為として不戦敗とする。

8 競技要領

    七十雀の試合に於いては、ショルダーチャージ・スライディングタックルを禁止する。

9 申し合わせ事項は、規約・細則・各種大会要項に準ずる。

                                                                                                                    平成25316


                                  ホーム